編集起業&コンサルタント起業

へんしゅうびとネットワーク運営方針

トップ > 運営方針 > 概要

1枚の図で情報がわかる

新聞de元気山口編集La★boの基本目標

夢実現と自己実現~他者と自身の幸せの調和と豊かさの実現

官公庁・各種団体向けに長文要約整理、及び編集など数百本の編集業務に携わり、その後、ネットビジネスとともに企業・専門店向け営業モデルの開発に着手、発想から数えると20年にわたって情報論の構築を進めてきました。基本は「新聞記事の構造図」(3タイプ)。数年前からフリーランスとしての働き方にこだわり、同時に地方都市でも編集の仕事を成立させるビジネスモデル構築に主軸を置いた事業運営を続けています。
編集に携わる、あるいは営業マン・レディも同じように、ビジネスを通じてお客様の笑顔が見られるようにしなければいけないという考え方に基づいて、編集サービスを提案しています。
そのうえで、運営方針として「夢実現と自己実現」を掲げています。好きな仕事をしながら平均年収を実現するようにしたい、そのために「下請けをしない」ビジネスにこだわり、独自の営業モデルへと到達しました。

コンテンツ&コミュニティマーケティングとは

  1. オンリーワンのサービスを打ち出す
  2. 下請け作業をしない
  3. 新たなマーケットを創る
フリーランスとして一定の年収を得ていくためには、技術以上に営業力が必要です。Web、編集、印刷、広告代理店など、全国隅々に編集を生業とする会社は存在します。しかし、多くは小規模の事業所です。印刷会社のように、小規模な会社はどんどん淘汰されています。
そのなかで、フリーランスとして生計を立てるにはどうすれば良いのか?
答えは、「オンリーワン」を打ち出し、「下請けをしない」で、「新たなマーケットを創る」ことです。
その3つを実現するために掲げたのが「コンテンツ&コミュニティマーケティング」です。

3つの目標を実現するキーワード

コンテンツ&コミュニティマーケティング

コンテンツはカテゴリーに分けたロジックツリーのそれぞれの要素です。コンテンツを集約すれば、必ずテーマが存在します。そのテーマとは「やりたい事」「売りたい事」・・・、そして、お客様にも喜んでいただけるという最終目標が存在します。
そのシナリオとは、具現化した店舗やサービスに至った背景であり裏付けとなっている複数の要因、その結果として「商品・サービス」があり、さらに最終目標を明確にすることでお客様とのコミュニティを実現するという考え方によって成立しています。
繁盛店は必ずこのシナリオに沿って運営されているのですが、情報発信によってその成果が違っています。このシナリオを、第三者が客観的な視点で寄り添いながら、情報編集の側面からサポートし、時には情報コンサルティングを行うことで、クライアントの潜在意識を明確にする。これが、へんしゅうびとネットワークの情報編集コンサルティングサービスです。
そのシナリオを、デザインやコピーライティングなど「感性」として評価するだけでなく、論理的にクライアントの皆様と共有するために、1枚の基本図を用意しています。 基本図の解説はこちら
自社運営のホームページ&ネットショップ

編集起業ニュース

営業資料の解説

基本の営業資料は4種類用意しています。ワードデータは変更が可能です。         営業セットは、これら資料の解説とともに、基本となる「図」の解説や営業方法などを紹介したマニュアル本がセットになっています。

ページのトップへ戻る